携帯電話の普及ということに関しては、ほぼ一人1台というくらいで、人によっては数台持っている場合もあります。そのため、いわゆる固定電話がどの家庭でも使われなくなり、固定電話は以前と比べてあまり使われなくなっているというのが現状です。ただし、だからといって社会人になると、それなりに責任も出てきますので、やはり固定電話があるということはやはり必要なことになります。

電話工事ができるかどうか

では、一人暮らしなどをした場合に、賃貸物件に電話機を設置する場合に電話工事をする必要があるのですが、それが可能なのかどうかと言う問題点があります。通常賃貸借契約をした場合には入居者は原状回復義務があるので、電話工事をして物件に工事のあとなどを作ってしまうと、それを改めて費用を使って直さなければ行けないのではないかと言う懸念があるかと思います。ところが、実は賃貸物件の場合それぞれの部屋には電話線が敷かれていており、これは古い建物でも設定されているというのが実情です。したがって、電話工事は、電話の設置をする場合に部屋の壁とかに穴を開けたりするということではなく、その建物を管轄している電話局の配線を切り替えることで、電話ができるようになります。

電話工事の準備

次に電話工事をするということになった場合に事前の準備が必要になるのですが、どのような準備が必要になるのかご説明をします。あらかじめ用意をしておくことは
・電話回線をどうするのか
・電話機の準備
・電話工事の依頼
この3点です。
電話回線に関しては以前はアナログ回線しかありませんでしたが、今はアナログ回線に加えて、デジタル回線、IP回線、ひかり回線があります。アナログ回線はひとつの電話番号にひとつの回線しか使うことが出来ないため、自宅用電話として利用するのが最も有効です。また、アナログ回線は停電等の災害にも強いという点もメリットとしてあげることが出来ます。
デジタル回線は、アナログ回線とはちがって、1つの電話番号で複数の回線を使用する事が出来、音声も聞き取りやすく、盗聴も防ぎやすいため、セキュリティ面は高いのですが、停電が起きると全く稼動しなくなるため、災害時での障害の弱い点がデメリットです。
IP回線は、デジタル回線の一種ですが、インターネット回線を使った電話回線です。最近ですと050で始まる電話番号を目にすることがあるかと思いますが、こちらはIP回線になります。IP回線のメリットは、通話の場所の距離によって料金単価が変わることないということです。
ひかり回線も、デジタル回線の一種で、ブロードバンド回線を使った回線です。他のデジタル回線と違って回線の質が高く、通信速度も早いので、オフィス用電話におすすめの回線です。ただ、デメリットとしては停電等の災害に弱いという点になります。

電話回線が決まったら、今度は電話機の準備に入ります。この場合は個人使用であれば1台あればいいですけれども、法人の場合は複数台の他に主装置やユニットといった機材が必要になります。法人の場合は、オフィス電話を専門で取り扱う業者がいますので、何社かに声を掛けてみて、見積もりを取り、自分の会社にあっているのかどうかということをチェックすることも忘れないようにしましょう。

ここまで準備が終わったら、後やることは電話工事です。こちらは個人の場合は管内工事になりますので、キャリアとのやり取りをすれば、日程などを連絡がもらえます。オフィス電話の設置の場合は、キャリアの工事以外に社内で電話の設置をするという工事があります。こちらについては、電話機の準備と同様に業者選びが重要なポイントになりますので、数社に相談をしましょう。この場合コストも大事ですが、しっかり対応してくれる業者であるかどうかをチェックすることも忘れないようにしてください。